儲けやすさから株とFXを比較

投資

投資の代表的な選択肢として株とFXがあります。投資する理由は第一に儲けることなので、この観点から二つを比較したいと思います。
以下では儲けやすさを投資効率とリスクに分けて考えます。

 

投資効率による株とFXの違い

一般的に株は大きな資金を要するものです。比較的安いものでも、株の最低購入単価は2〜3万円です。仕手株なら数万円の投資でもまともな利益がでることもありますが、通常は10万円以上の投資をしないと資産の増加は見込めません。
これに対し株より歴史が浅いFXは、1万円からでも始められる投資です。レバレッジによって預金額の最大25倍というお金を動かすことで、数万円でも十分な利益を得ることができます。具体的には為替の一日の変動で、1万円の投資なら2〜3000円の利益を得られる可能性があります。
仕手株の効率もFXに匹敵しますが、仕手化する株はほんの一部の株だけなので、株はFXに比べて短期で利益を得る難度が高いです。
投資額と利益という観点からは、どちらもFXが優勢といえます。

 

リスクによる株とFXの違い

投資効率ではFXが株を上回りますが、リスクを考えると話は別です。株は基本的に値動きが重いので、一日で大損することは稀です。新興銘柄など一部の銘柄を除いては、日経平均が暴落したり特大の悪材料でもでない限り、短時間で大ダメージを負うことはまずありません。
一方FXは、大した材料が出なくてもすぐに大きな損失が出る可能性があります。レバレッジを効かせたFXは、損失がレバレッジ分倍増するので、目立った価格変動でなくても油断できません。いつの間にか損がでかくなるのは株も同じですが、FXは一週間どころか一日でもボケっと放置すれば、思いがけない損失になります。
株に比べて、高いリスクコントロール能力を要するのがFXなのです。

 

株ほどFXの投資で資産を築いたという話を聞かないのは、投資効率よりもリスクが大きく影響しているせいかもしれません。短期で一気に利益を得ることにチャレンジするならFXが向いてますが、長い目で見ると株でじっくり投資する方が資産形成につながりやすいのでしょうか。
他にも、最近だと融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)というのも人気の投資になってきています。
参考サイト:ソーシャルレンディング比較.net


リスクを下げつつ、リターンを求める投資方法

投資にはリスクとリターンが相反するものとして存在します。ハイリスクハイリターンの商品は長期投資に向かないのでここでは省くとします。ミドルリスクの商品とローリスクの商品と組み合わせて、長期視点での資産形成を説明します。まず代表的なのが、株式投資とFXです。これは変動幅が大きいのでミドルリスクと見てよいでしょう。株式はなるべく大型株で配当が4%前後のものが望ましいです。225銘柄かつADR銘柄から選ぶのが良いかと思います。年に数回起こる急落相場でも基本的には買い増しするくらいの気持ちで長期保有を心がけましょう。FXに関しては基本は円ドルのみで十分です。ドルの方が金利が高いですから、円安相場では追いかけて、円高に反転したら利益確定するくらいの気持ちでいましょう。ただしレバレッジは3倍までです。それ以上はロスカットの可能性もあるので資金が必要です。レンジ相場でも短期で稼ぐことができるのはFXです。

 

不動産に関与できる投資

近年広がりを見せているクラウドファンディングは投資先としては金利が高く、大変魅力的です。大手の資本が入っており、貸し倒れリスクも今のところは低いと見ています。まだまだ歴史が浅いので、信用の蓄積が不十分との見方が多いですが、これから伸びていく市場だと思います。投資信託よりも予定年利が高めなので入れる資金を少し回してもよいと思います。また不動産の案件が多いので間接的な不動産投資とみることもできます。個別の物件を扱いたいなら不動産投資もいいでしょう。不動産ゆえの流動性の問題や設備の管理が必要になりますが年利や収益の安定性は株式や間接投資では真似できないほど魅力的なものです。最終的には不動産投資を目指すのが良いと思います。

 

低リスクで変動幅の低い投資信託

低リスクの投資先としては投資信託を進めます。これは株価指数に投資するインデックスファンドがよいでしょう。基本的に物価が上昇すれば株価は上昇傾向になります。つまり長期視点で株価指数に投資していれば損失を被るリスクは大変低いです。FXや個別銘柄の株式で短期に損失を抱え込んでも投資信託はそこまでダメージを負うことはないでしょう。
いくつにも分けて投資先の商品のメリットと投資方法を紹介しましたがそれぞれに長所と短所があります。大切なことはこれらを上手に組み合わせてリスクをさげつつ、リターンを維持することです。