投資信託の種類

投資をすることを考えると、真っ先に思い浮かぶのが投資信託に投資をすることです。
投資信託と言っても数多くの種類があることから、どの種類の投資信託に投資をするのかを考えておかないといけません。
投資信託の商品には、国内企業の株式や債権、インデックス投資と呼ばれる日経平均に連動する形で投資をする商品、REITと呼ばれている不動産投資をするための商品があります。
他にも、海外のインデックス投資や、ブルベア型と呼ばれている相場のキャピタルゲインで利益を出す商品や、コモディティを扱っている商品、通貨などがあります。
このように多くの商品が投資信託では扱っていることから、アメリカが景気がいいということになればダウ銘柄に連動した商品を買えばいいでしょうし、穀物の値段が上がると考えるのならコモディティ関連の商品を買うといいでしょう。
このように、投資信託と一言で呼んでも商品の種類は数多くあることから、どの種類の商品に投資をするのかを決めて最終的に専門家に意見を聞いてみるといいのではないでしょうか。

 

投資信託の手数料と買える場所

 

投資信託を買うことを決めると、どこで買うのかを考えないといけません。
インターネットで探すと、銀行や証券会社が投資信託を販売していることが分かりますので、そちらで購入することになります。
また、銀行や証券会社では投資信託を扱っている専門の窓口を設置していますので、分からないことはそちらで相談することになります。
それぞれの商品ごとに、販売手数料や信託手数料がかかってきます。
販売手数料と信託手数料で銀行や証券会社は利益を上げているのですが、これらの手数料が低い商品に投資をすると手数料を負担が少なくてすみますので、それぞれの商品を銀行や証券会社ごとに比較をして購入することが賢い買い方になります。
なお、手数料の他にも売却益に税金がかかることもありますので、それらのことを計算して商品を選ばないといけません。